薬剤師転職の履歴書作成のポイントは?

比較的転職をしやすいとされているのが薬剤師の仕事

比較的転職をしやすいとされているのが薬剤師の仕事 | 履歴書は一字一句、心を込めて記入することが望ましい | 関連資格がある場合は併せて書いておくのがベター

比較的転職をしやすいとされているのが薬剤師の仕事です。
年中、求人が出されている職種であり、人材不足の状況も後押しして仕事を見付けやすい傾向があります。
それゆえに転職で苦労をする可能性は低めで、他業種と比べると有利な面があると言えるでしょう。
そして履歴書作成においても、薬剤師転職の場合はそこまで労を要せず準備できるはずです。
ホワイトカラーの転職の場合は、細部まで拘って作成をしないと、書類選考で落とされてしまうというケースが多いですが、薬剤師に関してはよほど手抜きの作成をしない限りは書類選考でNGを出される可能性は低いと言えます。
とはいえ、重要な応募書類には違いありません。
ポイントを押さえて丁寧に作成していくことが大切です。
ポイントとしては、基本的にはミスのない内容を心掛けることが必要不可欠でしょう。
薬剤師の仕事は患者の健康を左右する重要な責任がありますが、履歴書でミスが多い内容ですと、注意が足りない人物と見られかねません。
いくら沢山の人に働いてもらいたいとは言え、リスクのある人材を積極的に採用したいと考える企業はありませんので、細心の注意を払い精度の高い内容で仕上げるようにしましょう。
そのためにも基本的には誤字脱字をしないよう注意が必要です。
うっかりと文字を抜かしてしまったり、誤った書き方のままで提出してしまったりすると採用担当者も不安を感じます。
ミスをなくすには記入時はもちろんのこと、提出をする前にしっかりと見直しをすることが欠かせません。

薬剤師転職サイトの賢い使い方については、長くなるので詳しく説明しません。
代わりにこちらで記事にしましたので、お読みください。

▶︎失敗しない薬剤師転職サイトの選び方
https://t.co/7D3tqXHWUp pic.twitter.com/7ZIKnFcGCu

— 薬剤師転職相談 (@pharmacist_navi) 2019年6月10日