薬剤師転職の履歴書作成のポイントは?

関連資格がある場合は併せて書いておくのがベター

比較的転職をしやすいとされているのが薬剤師の仕事 | 履歴書は一字一句、心を込めて記入することが望ましい | 関連資格がある場合は併せて書いておくのがベター

また、関連資格がある場合は併せて書いておくのがベターと言えます。
業務に役立ちそうな資格があれば有利に見てもらうことができるはずです。
また、まだ取得には至っておらず、現在進行形で取得を目指している資格がある場合も記入をしておくと、評価に加味してもらえたり面接の際の話題にあがったりします。
履歴書で頭を悩ませやすいポイントと言えば志望動機ですが、ここはよくチェックされる項目でもあるためしっかりと記入をすることが大切です。
大切なのが応募先によって内容をアレンジしていくことです。
薬局や病院、ドラッグストアなどで業務内容や働き方は違ってきますが、それにも関わらず汎用的な内容ですと、働ければどこでも良いという印象を与えかねません。
やる気を感じ取ってもらうには、その求人が良かった理由を明確に伝えることが欠かせませんので、仕事内容や募集先の特色などに触れ、そこを選んだ理由を述べられるようにしておきましょう。
また、志望理由を踏まえ、どんな風に活躍できるのかについて触れておくと、採用担当者の興味も引きやすくなるはずです。
志望をしたワケだけで終わらせず、もう一歩踏み込んだ内容を心掛けることで伝わる履歴書が作成できます。
本人希望欄の書き方も大切ですが、希望がある場合は遠慮をすることなく書いておくことが大切です。
勤務地や希望時間、子育てによる影響の有無など、予め希望を伝えておかないと後々に不便が生じることにもなりかねません。
ただし、待遇面に関してはあまり積極的に記入することは推奨されないと言えます。
例えば給料の希望額がある場合でも、履歴書に堂々と書いてしまうのは良しとされない風潮もあります。
採用担当者からそうした話しが出た時に相談をしてみるか、あるいは内定をもらった後に交渉をしてみるのが良いでしょう。

薬剤師の転職転職理由・転職するメリット・成功させる3つのポイント